So-net無料ブログ作成
小耳症 ブログトップ
前の5件 | -

先週の話と、今までの小耳症トークまとめちゃった☆ [小耳症]




はいさぁい☆





もう一週間経つのかぁ。。



先週の日曜日、小耳症のお子さんとご家族の方とお会いしたんだけど、


親御さんのお子さんへの想いをとても感じたし、


小耳症本人の子どもたちのかわいい笑顔がとても印象的で、、


という素敵な時間を過ごせました。



やっぱり、、お会いして、顔を見て話すって、、いいですね。




ということで、、今回感じたことをちょっとだけ^^


マジで書くと、長くなっちゃうから、、ホントにちょっと^^



インターネットやSNSの普及によって、多くの情報がある中、
親御さんはとてもいろいろなことを知ってるんですね。


どこの病院がいいとか、

どの術式がどうとか、、

どの補聴器がどうとか、、



これが、もう、、僕なんかの知識をはるかに超えていて。

って、、まぁ、、僕は「知識」があるわけじゃなくて、
小耳症本人としての「経験」しかないから、
それはそれでいいのかもしれないけれど、
とにかくみなさん詳しい。


それぐらい、お子さんに対して、
小耳症に対して真剣に向き合われているんだな、、
ということを改めて感じたんだけど、

ただ実際、「知識」だけじゃなくて、
僕たち小耳症本人の「声」を聴いてくださるっていうのは、
本当にありがたいことだな、、
ということもまた、改めて感じたわけで。



・手術をした方がいいのか、しない方がいいのか
・片耳小耳症の場合、もう片方を聞こえるようにした方がいいのか
・手術をしてどう感じたか
・学校生活、日常生活はどうしているのか


というようなことは、
やっぱり小耳症本人の僕たちにしかできない話で、
もちろん、小耳症本人でもいろいろな経験をしてきているから、
感じ方、考え方は違うけれど、
そういう話に耳を傾けてくださるというのは、
とてもありがたいことだな、、と思いました。




「手術は自分からするって言ったんですか?」


って聞かれたけど、
僕が手術をしたのはもう30年も前の話で、
その当時って、、「手術をするのが当たり前」の時代だったと思うんですね。

今みたいにインターネットがあったわけでもないし。

僕は、1年に1回か2回病院に行って、
先生との信頼関係もちゃんとできて、、最終的には手術をしたわけだけど、
そのときに、
手術をする小学4年生までの間、、
手術をしたいと思ったこともなければ、手術をしたくないと思ったこともなかったでんすね。

手術をするもんだと思っていたんだけど、
それは親がそういう風にもっていっただけで、
僕はそれを疑うこともなく、当たり前のように手術をしたわけで。


これ、こう書いていると、手術をしたくなかったのか、、
っていう風にも見えちゃうけど、

でも、1年生の頃だったかな、、
耳が小さいって誰かに言われたとき、、
「でも、もうちょっとしたら新しい耳を作ってもらうんだ」
って答えたような、、
そんな記憶があるから、
手術をすることが嫌だったわけじゃなかったんだろうな、、と思ったりもして。


そんな話を親御さんにはお伝えしたんだけど、
最近はそれこそ「手術をするかどうか」ということも考えて、
いろいろな情報を集めて、考えている親御さんが多くて、
やっぱり30年前とはずいぶん違うなぁ、、なんて印象を受けました。




もうひとつ。

「手術をしてよかったことは何ですか?」


よかったこと、、
マスクや眼鏡っていうのは一般的に言われているけど、、
僕はやっぱり、自信が持てるようになったことかな。。

もちろん、手術をしても最初はなかなか勇気をもって耳を出すこともできなかったけど、
今では、耳を出せるようになったし、、
それは、いつも書いているように、
小耳症ファミリーの青年たちに出逢えたからなだけど、、
ってことは、彼らに出逢えてなかったら僕はどうなっていたか、、わからないけど、
でもまぁ、、
今では小耳症であることに対して、前向きになれているのは事実なので、
自信、、少しは持てるようになっているんだと思います。


なんてことをお伝えしました。




最後に、

「どのように育てられましたか?」

なんて、、きかれたけど、


やっちゃんもつばさちゃんも、、みんな口をそろえて言っていたのが、、

「普通の子と同じように」

でした。


「普通」ってなんだ?
って思うかもしれないけれど、
耳が聞こえないからかわいそうでもないし、
そこで他の子どもと何かが違うわけでもない。

そういうことを伝えていたけど、、
「片耳が聞こえないぐらいはそんなに大したことじゃない」
ということが少しは伝わっているといいな。。


もちろん、この話は、
やっちゃんやつばさちゃん、僕はそう思っているけど、
そう思わない小耳症本人もいると思うので、
必ずしもすべての小耳症本人が、
「片耳が聞こえないぐらいはそんなに大したことじゃない」
と思っているわけではないですが。





小耳症のお子さんの親御さんもみなさん真剣だし、
僕もその気持ちに少しでも応えられればと思ってお話させていただくけど、
最後はご家族それぞれの考え方だから、
その中で少しでも役に立てればいいな、、なんて思いました。




結局、書くことはいつも変わらないんだけど、
何が正解かっていうことはないですからね。

手術をしてもしなくても、聞こえるようにしてもしなくても、
最終的には、小耳症本人がそれをどう感じ、考えるか、、なので、
そこはもう、、親御さんの話ではなくなってきちゃうと思うので。


だからね、、
子育てをしたこともない僕が言うのもアレですが、、
と前置きしたうえで、、
愛情をもって育ててあげてください。

ってお伝えしました。


愛情は人それぞれ。

親御さんそれぞれで違うと思うけど、
その想いがお子さんにちゃんと伝われば、、
耳のことも前向きに考えられることができるのかな、、
と思ったりもして。


子育てをしたことはないけれど、
僕は母親の愛情を受けて、「今」こうしてここにいるので、
小耳症本人の経験として、親の愛情が大切だと思ったので、
そのようにお伝えしました。


ブログって、、文字ばかりだから、、
やっぱり表現の仕方が難しいですね^^;




ということで、、


今日の小耳症トーク、おしまい^^





あ、そうそう、、



最近、小耳症の記事、、全然書いてないって書いたけど、

(2019年10月22日・・ほとんど小耳症トークを書いていないのにね^^@日記参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-10-22



小耳症の親御さんからご連絡をいただくと、


ブログ紹介しちゃってるので、、


今までの小耳症の記事リンクバーーーっと載せておきますね^^





小耳症トークまとめ編



(2014年12月20日・・小耳症トーク(2011~2014)まとめちゃってしゃべり納め^^
                                              @小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2014-12-20


(2015年12月29日・・2015小耳症トークまとめちゃったよ~☆@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2015-12-29


(2016年12月30日・・2016小耳症トークまとめ、、だよ^^;@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2016-12-30


(2017年12月30日・・2017小耳症トークまとめ、、っていうほど書いてないよ^^;
                                             @小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2017-12-30


(2018年12月30日・・2019小耳症トークまとめ、、られないよー☆@日記参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2018-12-30





2018年小耳症トーク



(2018年7月14日・・小耳症ファミリーに初紹介^^@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2018-07-14


(2018年7月28日・・髪とカラダと心と・・・髪の毛@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28


(2018年11月17日・・珍しく?小耳症トーク^^@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2018-11-17





2019年小耳症トーク



(2019年1月19日・・来週の小耳症ファミリーに向けて・・・@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2019-01-19


(2019年2月9日・・メリー・ポピンズの座席について^^@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2019-02-09


(2019年4月14日・・小耳症でそれなりの年齢になるといろいろね^^@小耳症参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-04-14


(2019年6月9日・・小耳症の方と、、はじめまして乾杯☆@小耳症参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-06-09


(2019年6月23日・・小耳症で生まれた僕@小耳症参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-06-23


(2019年7月31日・・小耳症だって、、職場の人に言ったらビックリしてたよ^^@小耳症参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-07-31


(2019年8月28日・・小耳症側の耳、、聞こえない、、聞こえる、、聞こえない?@小耳症参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-08-28






うん。


よく書いた^^



よく書いて、今はまったく書かなくなった^^




どれも長くて、、


だいたい、、同じようなこと、、言ってますが^^;


気が向いたら読んでみてください^^





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小耳症側の耳、、聞こえない、、聞こえる、、聞こえない? [小耳症]





はいさぁい☆





40歳以上なので聴力検査ですね^^



いや、、まだ39歳なんだけどな。。



と、、思いつつ、、


会社の健康診断聴力検査を受けました^^




今日は、ほんのちょっぴり小耳症トーク^^




聴力検査5年ぶり?


(2014年8月23日・・聴力検査?!@小耳症参照)
http://gusukunoashiato.blog.so-net.ne.jp/2014-08-23




席について、、



よろしくお願いします^^


よろしくお願いします^^

それではこれから聴力検査を行います。

が鳴ったら言ってください^^


はい^^




そういって、、両耳ヘッドフォンをつけていざスタート。




はい^^

聞こえました^^


はい。



はい^^

聞こえました^^


はい。




・・・



・・・




あ、聞こえました^^


はい。



聞こえました^^


はい。




・・・



・・・




はい、以上です。





やっぱり左耳聞こえたけど、右耳聞こえなかったんですね^^




結果はこれで大丈夫ですか?


そういって、検査のお兄さんタッチパネル結果を見せてくれた。




はい^^

大丈夫です^^

僕、右耳生まれつき小耳症で、

外耳道閉鎖しているから聞こえないんです^^


あ、そうなんですね。


さっきの、、って鳴ってたんですよね?^^


鳴ってました。


そうですか^^



と、、そこで終わったらもったいないし、最後のひとりだったので、、


ちょっぴり質問^^




ちなみに、、高い音低い音あったじゃないですか。

あれ、、それぞれ何dBだと聞こえてるってなるんですか?

というか、、

左耳どれくらい聞こえるって判定になったんですか?


高い音4000Hz40dBで、低い音1000Hz30dBです。


そうですか^^

もう1右耳聞くことできますか?


いいですよ^^



と、、検査のお兄さん快く協力しくれて、、


小耳症側、、右耳聴力検査第二弾スタート^^



聞こえますか?


聞こえません^^


これはどうですか?


あ、聞こえます。

高い音鳴ってますね^^


はい。




・・・




あ、今低い音聞こえました^^


はい。




あ、低い音鳴ってます^^


はい。





ってな感じで聴力検査第二弾終了^^





どうでしたか?^^


右耳は、、

4000Hz70dB1000Hz50dBであれば聞こえています。


そうなんですね^^

ありがとうございます^^





ということで、、


右耳4000Hz70dB1000Hz50dBあれば聞こえる^^


ってことですかね^^



ただ、、これが「正常」の基準ではないということだと思うので、、


聞こえるけど聞こえないということになるんですかねー^^




ちなみに、難聴には、感音性難聴伝音性難聴があって、、


の場合は、伝音性難聴なので、、


って書くと長くなっちゃうから、、


今日はもういっか^^




これを、この前の小耳症ファミリーお楽しみ会のときに話そうと思ったけど、、

(2019年8月24日・・2軒はしごの2軒目☆@日記参照)
https://gusukunoashiato-2.blog.so-net.ne.jp/2019-08-24



白熱しすぎて忘れちゃったよー☆




ということで、、


小耳症、、


「聞こえないけど聞こえる、、けど聞こえないということみたいですよ」


の話でしたー☆






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小耳症だって、、職場の人に言ったらビックリしてたよ^^ [小耳症]





はいさいー





ん??


これはヤバい展開だ。。



そんなことを思ったお仕事終わり。




今年は、1020日を目標に過ごしているんだけど、、


その1020日、、お仕事入りそうな雰囲気だったんですね。





すみません、、1020日は絶対に外せない用事があるんです。


えー?

何?

結婚記念日?


違います。


誕生日?


違います。


えー?

じゃぁ、、なに?


障害を持った人たちの1年に1回の集まりがあるんです。



なんて話したわけで。




実は、僕、先天性小耳症っていって、、

生まれつき右耳が小さく生まれてきたんです。


えー?

そうなんですか?

でも、小さく見えないですよ?


あぁ、これは手術をしたからです。

で、生まれつき右耳が聞こえないんです。


えー?!

そうなんですか?


はい。


まったく?


そうです。


それ、、みんな知ってるんですか?


いや、特に言ってないので、誰も知らないですね。


まったくわからなかったです。


まぁ、、こうやって普通に話せますからね^^

みなさん気づかないですね^^



と、、相手の人、、ビックリ




も、風邪とかひいたら片方の耳が聞こえなくなったりして、大変ですけど、

そしたら、ぐすくさん結構大変ですよね?


いや、、

生まれつき片耳でしか聞こえていないので、

それが当たり前だから大変ではないですけど、

両耳聞こえる人片方聞こえなくなったら大変かもしれないですね。



ということで、、


ひょんなことから小耳症のことをお伝えしたけど、、


まぁ、、どんなことよりも最優先の、、


絶対に譲れない1020日だから、、


それはそれで、、よかったのかな。




以上、小耳症告白体験記?でした^^





さぁ、明日から8月!


かりゆし月間、、今年もやるよ☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小耳症で生まれた僕 [小耳症]



はいさぁい^^




今日はマジメな話、、小耳症トーク^^




小耳症で生まれて、、


一番最初に、自分が人と違うんだな、、って思ったのは、、
いつだったかな。。
おそらく、、年中さんとか年長さんぐらいだったと思う。

他の子は両方の耳が同じ大きさだけど、
僕は、右耳が小さいっていう、、ただそれだけ。
そのときは右耳が聞こえないっていうことは、、
あまりわかっていなかったような気がする。

いつごろ右耳が聞こえないことに気がついたのか、、
正直覚えていないんだけど、
子どもの頃はとにかく見た目だった。

右耳が隠れるぐらいの髪型だったから、
他の子どもに、「男なのになぜ髪が長いのか」って言われたり、
そこから髪型のことや耳のこと、、
手術した後の耳のキャップの事も含めて、いろいろと言われたを覚えているし、
それで心が痛い想いをしたことも覚えている。

だからなのか、、
他人の目が気になったり、言動が気になったり。

他人のことばや表情、声、言い方、雰囲気、、
いろいろなことを常に感じて、考えて、、感じて、、
良くも悪くも他人のことを気にしていたような、、
そんな小学校、中学校、、高校時代だったような気がする。


まぁ、
他人のことばや表情、声、言い方、雰囲気、、
いろいろなことを常に感じて、考えて、、感じて、、
っていうのは、、今でもそうだけど^^;


そんな中、、
僕の人生が変わったな、、
って思えた出逢いがあった。

20歳ぐらいかな、、
このブログにもよく出てくるみんな、、
小耳症ファミリーのみんなとの出逢い。

僕よりも年下の小耳症本人たちが、
堂々と耳を出して、笑顔でいたんですね。
そのときに、、道が開けたような気がしたんです。



人はみんな違う。

僕は僕でいいんだ。


そう思ってからは、、
今までより堂々と、、
生きることができるようになったんですね。


そう、、人はみんな違う。

そして、、
僕が見たことのない景色を見て生きてきて、今、目の前にいる人は、
僕の知らないことをたくさん知っているんだから、、
僕にとってはありがたい存在なんだ。
そのことに、年齢は関係ないんだ。

って思うようになったんです。


そう思ってからは、
出逢う人すべてに感謝ができるようになったし、
敬意を持って接することができるようになったし。

出逢いって本当にありがたいですよね。



僕は、育ってきた環境もあって、、
出来る限り他人を傷つけることのないように、、
とか、
嫌な思いをさせないように、、
って思って、
ことばを大切にするようにして、
そのときの相手の表情や声とか、、結構気にするんだけど、、

冗談言うときとかも、
言っていい冗談とそうじゃない冗談とかあるじゃないですか、

そういうのを気にしつつ、話すんだけど、、
何かをしたあとの相手の表情や態度を見て、
あぁ、今言った言葉はいけなかったな、、
とか、
いろいろ自分なりに考えたりして、反省したりするんだけど、、
まぁ、、全部が全部そうできているかわからないから、、
難しいですね^^;



って、、
これ、、何の話してんだろ。。



なんだけど、、
まぁ、そうは言っても、、
学校や職場、、社会に出ても、
言い方がきつい人や大声で怒鳴る人や、、
誰かを傷つけるようなことを言う人や、、
まぁ、、いろいろな人がいるわけで。

そうするとね、
そうしている人はあまり気にしていないのかもしれないけれど、
僕は気になっちゃって。

これは、小学校時代とかの影響もあるんだろうけど、、
なんかね、、
モヤモヤしたり、夜眠れなくなったり、、いろいろ考えちゃったりしちゃうっていう、、
それだけは今でもなおらないんですね。

そして、一度ハマると結構続くっていう。。

あぁ、、僕って弱いな。。
なんて思うし、
これ、、どうにかならないかねー
なんて思ってるんだけど、、
なかなか難しいんですよね。


これって、、
自分が誰かを傷つけないように、、
って思っているから、
それを他の人にも求めちゃっているんですよね。



過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる。

ってあるじゃないですか。


だからね、
信頼できる人のことばだったり、
ミュージカルの誰かのセリフだったり歌だったり、
ドラマのセリフだったり、
いろいろなことばを思い返して、
自分自身の考え方を整理したり、、
もし疲れちゃったとしても、、自分で立ち上がるようにがんばるんですけど。。



でも、、


人はみんな違う。


なんですよね。


人はみんな違うんだから、
そこでひとりいろいろモヤモヤしたり考えたりしてもしょうがないんですよね。


むしろ、、
そういうときは、、

そんな弱い自分を受け入れて、
受け入れたうえで、、
まったく、、こんな風になっちゃう僕もかわいいな、、
って思うぐらいがいいんでしょうね。



小耳症で生まれて、
小耳症だからこそ経験したこともたくさんあるし、
それで傷ついたりしたことはあるかもしれないけれど、
傷ついた分だけ、人に優しくなれる。

その優しさは、、
自分の弱さからくる優しさなんだと思うけど、、
弱いからこそ、
他人の弱さやつらい部分を少しはわかろうとするようになったんだと思うし、
それが誰かを思いやることにつながっているのかな、、
なんて思う。


まぁ、、小耳症で生まれたから、、
とかはあんまり関係ないと思うかもしれないけれど、
小耳症じゃなかったらこういう性格になっていなかったと思うから、、
ね^^



っていうか、
今日、、小耳症で生まれたから、、
みたいに書いてるじゃないですか。

でもね、
小耳症のこと、、悪く思っていないし、
僕、、自分のこと、、結構好きです^^

大好きです^^


それは、、
いつものブログを読んでいただければわかっていただける、、かな?^^


ただ、、
なんとなぁく、、40歳を目前にして、、
自分自身の性格と小耳症について思ったことがあったから、、
書いてみました^^




人はみんな違う。


僕は僕にできることをして、
少しでも、誰かの笑顔を見ることができるような、、
そんな生き方をしたいな、、
と思うし、
これからも僕を応援してくれる人がたくさんいるので、、
少しでも笑顔になってもらえるように、、恩返しをしたいな、、
と思います。




さぁ、、今週末、、土曜日小耳症ファミリー


ようた母サトシ母さわこ母酒豪マザーズと、ヨウタゆりりんとで、、


お楽しみ会があるので、、


小耳症について、いろいろと考えたいと思いまーす☆





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小耳症の方と、、はじめまして乾杯☆ [小耳症]




はいさい☆





赤い靴はいてますー


僕も赤い靴履いてます




昨日はツイッターで知り合った小耳症の方と、


はじめまして飲み会をしてきました^^



夕方5時に秋葉原で待ち合わせをして、


その、、最初に会うときのダイレクトメッセージが、、


赤い靴、、だったわけで^^



特にふたりで合わせたわけじゃないんだけど、


たまたまふたりとも、、赤い靴^^



なんか、、感じちゃいますよねー^^




待ち合わせ場所に行き、赤い靴の人を見つけ、


をみたら、、すぐにわかりました^^




はじめまして、ぐすくです^^


あ、はじめまして、えんだです^^




インターネットを通じて知り合った小耳症の方とお会いするのは、


結構久しぶりだったけど、


会ってすぐ打ち解けることができるのは、、


やっぱり同じ境遇だからなんですかね^^




お店に行って、はじめまして乾杯^^


乾杯をすれば、、もう友だち^^




自己紹介をして、お仕事の話や小耳症の話、今までの自分の話、、


いろいろなことを話す。




えんださんは、右耳小耳症で手術をしていて、ってことで、僕と同じタイプ^^
あ、でも、僕は手術2回だったけど、えんださんは3回手術したそうです。

僕のブログの小耳症トークを読んだときに、
「あーわかる!」って思ったりしていたそうで、
ツイッターをフォローしていただいたのがきっかけで、
今回お会いすることになったんだけど、

大人になってから小耳症の人に会うのははじめて、、
って言ってたかな、、

だから、たぶん新鮮だったと、、思う^^

と、、勝手に思う^^



小さい頃に嫌なことを言われたことはもちろんあったけど、
今では耳のことをそんなに気にしていないってことで、
髪の毛も短くて、結構耳、出してました^^

だからね、
「職場の人とかに片耳聞こえないって言ってるんですか?」
ってきいてみたんだけど、
特には言ってないって言ってたかな。

まぁ、、普通に会話できるし、あえて言うことでもないですしね。
そこらへんは、僕や小耳症ファミリーのみんなも一緒かな。


ってかね、よく、
「片耳が聞こえないと救急車がどこから来るかわからない」
なんて話をきくんだけど、
僕ね、そんなことないんですよ。

だから、えんださんにもきいてみたんですね^^


片耳聞こえないと救急車がどこから来るかわからないって聞くじゃないですか。
えんださんもそうですか?

そうですね、ちょっとわからないですね。
でも、首を左右にして音を探せばどこから来るかわかります^^


だそうで^^


なんか、音がなっている方向がわかるのって、
両耳で聴いた音を脳が情報として把握して?、
で、どこから聞こえているかがわかるとからしいんですね。

だから、、人間の身体的には、片耳で聴いた音だけだと、
どこから聞こえているかはわからない、、らしい、、
みたいなこと言ってたな。


つまり、僕が救急車がどこから来るかわかるっていうのは、、
僕はわかったつもりになっているだけで、
身体的にはわかっていないのかもしれない?

あ、でもまぁ、、僕の場合は音が聞こえた段階で、
あっちこっち見て、確認するから、
聴覚だけじゃなくて、視覚も含めてどこから音が聞こえているかがわかる、、
ってことなのかもしれませんね^^


と、、そんな話をしたけど、、
人の身体って、、おもしろいですね^^



あと、最近はイヤホンがすごいらしく、
電車に乗ってても外の音があまり聞こえないとかで、、
イヤホンで音楽を聴かせてもらったんだけど、、
すごかった^^

なんかね、
最近、骨伝導のイヤホンとかもあるんですか?
片耳小耳症の人がそういうので音楽を聴いて、
両耳から聞こえてすごいみたいなことが、
インターネットで書いてあったから、
気になってたんだけど、、
いろいろなものが進歩してるんですねぇ^^

と、、かなり感心しました^^


まぁ、、僕はあまり進化してないかもだけど^^;
あはは~





小耳症で生まれて、小耳症で育って、、


こうして出逢えて、、


お酒を飲みながら、自分が歩んできた道をお互いに振り返りながら話して、、


なんか、、素敵な時間だったな。。





ポケットビスケッツYELLOW YELLOW HAPPY、、

いい歌ですよね^^


そうですね^^




もしも生まれ変わっても また私に生まれたい

この体とこの色で 生き抜いてきたんだから




もしかしたら、


小耳症で生まれた人の中には、


何、綺麗事言ってるんだ


って思う人もいるかもしれない。




そりゃ、両耳が聞こえる方がいいかもしれない。



けど、それでも、、


また私に生まれたい


っていう、、気持ちになるぐらい、、


小耳症であることを含めて、自分自身のことが好きだ、、


ってことなんですかね^^




えんださんは、


小耳症で片耳が聞こえないからって、


そのことをマイナスに感じるんじゃなくて、


それを受け入れたうえで、生きているっていうことを、


話していてとても感じたし、


前向きで笑顔が素敵で、、とても好青年でした^^




この出逢い感謝!!




そして、、


これからもこの縁を大切にしていきたいな、、と思いました☆






はじめまして乾杯☆.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 小耳症 ブログトップ