So-net無料ブログ作成

小耳症の方と、、はじめまして乾杯☆ [小耳症]




はいさい☆





赤い靴はいてますー


僕も赤い靴履いてます




昨日はツイッターで知り合った小耳症の方と、


はじめまして飲み会をしてきました^^



夕方5時に秋葉原で待ち合わせをして、


その、、最初に会うときのダイレクトメッセージが、、


赤い靴、、だったわけで^^



特にふたりで合わせたわけじゃないんだけど、


たまたまふたりとも、、赤い靴^^



なんか、、感じちゃいますよねー^^




待ち合わせ場所に行き、赤い靴の人を見つけ、


をみたら、、すぐにわかりました^^




はじめまして、ぐすくです^^


あ、はじめまして、えんだです^^




インターネットを通じて知り合った小耳症の方とお会いするのは、


結構久しぶりだったけど、


会ってすぐ打ち解けることができるのは、、


やっぱり同じ境遇だからなんですかね^^




お店に行って、はじめまして乾杯^^


乾杯をすれば、、もう友だち^^




自己紹介をして、お仕事の話や小耳症の話、今までの自分の話、、


いろいろなことを話す。




えんださんは、右耳小耳症で手術をしていて、ってことで、僕と同じタイプ^^
あ、でも、僕は手術2回だったけど、えんださんは3回手術したそうです。

僕のブログの小耳症トークを読んだときに、
「あーわかる!」って思ったりしていたそうで、
ツイッターをフォローしていただいたのがきっかけで、
今回お会いすることになったんだけど、

大人になってから小耳症の人に会うのははじめて、、
って言ってたかな、、

だから、たぶん新鮮だったと、、思う^^

と、、勝手に思う^^



小さい頃に嫌なことを言われたことはもちろんあったけど、
今では耳のことをそんなに気にしていないってことで、
髪の毛も短くて、結構耳、出してました^^

だからね、
「職場の人とかに片耳聞こえないって言ってるんですか?」
ってきいてみたんだけど、
特には言ってないって言ってたかな。

まぁ、、普通に会話できるし、あえて言うことでもないですしね。
そこらへんは、僕や小耳症ファミリーのみんなも一緒かな。


ってかね、よく、
「片耳が聞こえないと救急車がどこから来るかわからない」
なんて話をきくんだけど、
僕ね、そんなことないんですよ。

だから、えんださんにもきいてみたんですね^^


片耳聞こえないと救急車がどこから来るかわからないって聞くじゃないですか。
えんださんもそうですか?

そうですね、ちょっとわからないですね。
でも、首を左右にして音を探せばどこから来るかわかります^^


だそうで^^


なんか、音がなっている方向がわかるのって、
両耳で聴いた音を脳が情報として把握して?、
で、どこから聞こえているかがわかるとからしいんですね。

だから、、人間の身体的には、片耳で聴いた音だけだと、
どこから聞こえているかはわからない、、らしい、、
みたいなこと言ってたな。


つまり、僕が救急車がどこから来るかわかるっていうのは、、
僕はわかったつもりになっているだけで、
身体的にはわかっていないのかもしれない?

あ、でもまぁ、、僕の場合は音が聞こえた段階で、
あっちこっち見て、確認するから、
聴覚だけじゃなくて、視覚も含めてどこから音が聞こえているかがわかる、、
ってことなのかもしれませんね^^


と、、そんな話をしたけど、、
人の身体って、、おもしろいですね^^



あと、最近はイヤホンがすごいらしく、
電車に乗ってても外の音があまり聞こえないとかで、、
イヤホンで音楽を聴かせてもらったんだけど、、
すごかった^^

なんかね、
最近、骨伝導のイヤホンとかもあるんですか?
片耳小耳症の人がそういうので音楽を聴いて、
両耳から聞こえてすごいみたいなことが、
インターネットで書いてあったから、
気になってたんだけど、、
いろいろなものが進歩してるんですねぇ^^

と、、かなり感心しました^^


まぁ、、僕はあまり進化してないかもだけど^^;
あはは~





小耳症で生まれて、小耳症で育って、、


こうして出逢えて、、


お酒を飲みながら、自分が歩んできた道をお互いに振り返りながら話して、、


なんか、、素敵な時間だったな。。





ポケットビスケッツYELLOW YELLOW HAPPY、、

いい歌ですよね^^


そうですね^^




もしも生まれ変わっても また私に生まれたい

この体とこの色で 生き抜いてきたんだから




もしかしたら、


小耳症で生まれた人の中には、


何、綺麗事言ってるんだ


って思う人もいるかもしれない。




そりゃ、両耳が聞こえる方がいいかもしれない。



けど、それでも、、


また私に生まれたい


っていう、、気持ちになるぐらい、、


小耳症であることを含めて、自分自身のことが好きだ、、


ってことなんですかね^^




えんださんは、


小耳症で片耳が聞こえないからって、


そのことをマイナスに感じるんじゃなくて、


それを受け入れたうえで、生きているっていうことを、


話していてとても感じたし、


前向きで笑顔が素敵で、、とても好青年でした^^




この出逢い感謝!!




そして、、


これからもこの縁を大切にしていきたいな、、と思いました☆






はじめまして乾杯☆.jpg





nice!(0)  コメント(0)